不要になった住宅など不動産を売却する際の流れ

査定依頼は机上査定よりも訪問査定を

まず売る理由を考えましょう業者選びで最低限知っておきたい知識査定依頼は机上査定よりも訪問査定を

殆どの一括査定サイトが無料で利用できるため、積極的に活用したいところです。
とはいえ、一括査定サイトは比較的有名な業者ばかりが登録していることから、一括査定サイトに登録していない地域で長く営業している業者にも査定依頼をすると比較に役立ちます。
査定依頼は机上査定よりも訪問査定を選びます。
訪問査定を依頼すれば現地までスタッフが訪れ、細かく住宅の状態を確認してから査定してくれますので、精度が高くなります。
査定結果の価格の高さや、対応などを比較して、依頼する業者を決めます。
媒介契約というものを結び、業者に仲介してもらう形で、売却先を探すのが基本の流れです。
媒介契約には3種類が存在し、そのうちの一般媒介契約では複数の業者と媒介契約を結ぶことができます。
一般媒介契約であれば複数の業者が取り掛かってくれますのでそれだけ有利な条件で売れやすい期待を持つところですが、必ずしもそうではないのが現状です。
複数の業者に依頼するとライバル業者に先を越される可能性があることから、あまり積極的に営業活動しない場合があります。
専属専任媒介契約と専任媒介契約では、1つの業者としか媒介契約を結べませんが、指定流通機構への登録が義務化されているため、住宅の情報が素早く知れ渡って売れやすくなる、進行について定期的な報告をもらえる、積極的に売り込みをしてくれるなどのメリットがあります。
専属専任媒介契約とは違い、専任媒介契約なら自分で探し出した買い主と直接交渉が可能です。