不要になった住宅など不動産を売却する際の流れ

まず売る理由を考えましょう

不動産 売却不動産売却 一括査定・比較 【スマイティ】

ビルなどの大きな建物ではなく、一般家庭が住むような住宅を売りたいと考えるなら、まず売る理由を考えるようにします。
子供が大きくなったため広い間取りの住宅に引越したいのか、逆に子供が独立し、家が広くなりすぎたので小さな住宅に住み替えたいのかなど、確認します。
また、住み替えるタイミングはいつにしたいのか、住み替えにかかる予算はどのくらい確保できるのかなどもきちんと決めておきます。
引越し先の住宅は購入するのか、賃貸にするのかも重要な部分です。
具体的にイメージが固まったなら、実際に不動産売却に取り掛かります。
専門業者である不動産会社と契約しますが、先に現在の相場を確認しておくのがスムーズです。
住宅の場合、おおよその相場が一応はあるものの、同じ住宅が世の中には存在しないため、似たような住宅があったとしてもそれと同じ価格になるとは限らないのがポイントです。
建物の古さや使い勝手の良さ、立地の良さなどで随分と評価が違います。
また、相場は市場の動きによって変化します。
売り出すタイミングによっては価格が変わるため、注意が必要です。
素人が価格を知るには難しい部分が多いことから、不動産会社に査定依頼をするのが一般的です。
いきなり契約を結ぶのではなく、複数の業者に査定依頼をして、比較するのが安心です。

まず売る理由を考えましょう業者選びで最低限知っておきたい知識査定依頼は机上査定よりも訪問査定を